モントゴメリー腺ができる理由は?ケア方法もご紹介!

クーパー靭帯はデリケート

乳首にぶつぶつができて、これは何?病気なの?と思った方もいるのではないでしょうか。

この乳首のぶつぶつしたイボ状のものはモントゴメリー腺といいます。

誰にでもあるもので、首と乳輪を守る皮脂を分泌している皮脂腺です。

この名前はアイルランドの産婦人科医の名前から採用されています。

今回はそんなモントゴメリー腺について、

  • 目立ちやすい人の特徴
  • 目立たないようにするためのケア方法
  • 完全に除去する場合の費用の目安

を詳しくお伝えしたいと思います。

モントゴメリー腺が目立つ人の特徴4つ

モントゴメリー腺にいいイメージを持つ人は少ないと思いますが、実はこの皮脂腺は誰にでもあり、乳首や乳輪を乾燥から守る働きをしています。

しかしなぜ目立つ人と目立たない人がいるのでしょうか。
これには、大きく分けて

  1. 生まれつきモントゴメリー腺が発達している
  2. バランスの良い食生活がとれていない
  3. 毛穴が詰まって目立つようになっている
  4. ホルモンバランスによって大きくなる

4つの要因が関わってきます。

妊娠初期はモントゴメリー腺が発達しやすい

妊婦

モントゴメリー腺が多く見えてしまうのは女性ホルモンのバランスが影響しています。
ホルモンバランスが乱れていると、ホルモンが過剰分泌されてしまい、それによってモントゴメリー腺が大きく、多く見えてしまうのです。

とくにこの現象になりやすいのが妊娠初期です。
女性は妊娠すると胎児を守ったり育てる準備をするために、

  • 女性ホルモンの分泌量が増える
  • 乳腺が発達する
  • 脂肪を多く蓄えようとする

という身体の変化が起こります。

このタイミングで胸の脂肪が増えるので、皮脂の分泌量が増え、モントゴメリー腺が発達するというわけです。

自分でできるモントゴメリー腺のケア方法3つ

モントゴメリー腺がどういうとき妊娠初期に目立ちやすいことをお伝えしましたが、どうしたらモントゴメリー腺を目立たせないようにできるのでしょうか。
ここからはまず自分でできるケアを3つ紹介します。

1:油分の多い食事を避ける

ファストフード

モントゴメリー腺は食生活にも大きく関わっています。
次の項目でも食生活についてご紹介しますが、最も簡単なケア方法は油分の多い食事を避けることです。

例えば1日1食だけでも野菜中心の食事にしてみるなど、少しずつ変えていくだけでも変わってきます。
食事は1日3食365日と考えると、1食変えるだけでもかなり影響しそうだと思いませんか?

2:必要な栄養素を積極的に摂る

便秘

便秘の解消がモントゴメリー腺とどう関係しているのかわからない方もいらしゃるかもしれませんが、

  1. 詰まった老廃物が一気にガスとして出る
  2. 肌のターンオーバーを行う組織が傷つく
  3. ターンオーバーが乱れる
  4. 毛穴に皮脂が詰まり、モントゴメリー腺が目立つ

実はこのように、密接な関係があります。
つまり、便秘を解消することがモントゴメリー腺を目立たなくすることにつながるのです。

というわけで、ここからはモントゴメリー腺が気になる人が摂っておきたい栄養素をまとめました。

成分 効果 食べ物
食物繊維 便秘改善 ごぼう・豆・海藻など
オリゴ糖 便秘改善に一役買っている栄養素。
ビフィズス菌と合体して効果を発揮。
ヨーグルトと一緒に摂る
ビタミンA 毛穴詰まりを防ぐ効果 うなぎ・レバー・緑黄色野菜
ビタミンE 血液の循環改善、ホルモンバランスを整える ほうれん草・かぼちゃ・にんじんなど
自分でモントゴメリー腺を潰すのはNG
モントゴメリー腺が気になる気持ちはわかりますが、自分で潰してはいけません。
乳首の周りの皮膚が柔らかいので肌を傷けたり、化膿させたりと肌トラブルに繋がってしまいます。

モントゴメリー腺は除去できるの?

手術

ここまではモントゴメリー腺を目立たせないようにするセルフケアをご紹介しましたが、それでも目立ってしまう場合は美容整形外科で除去してもらうこともできます。

手術の流れとしては、

  1. 麻酔をする
  2. モントゴメリー腺をメスで切り取る

というシンプルなもので、全身麻酔か部分麻酔かは病院によって変わってきます。

傷跡も、基本的には目立たないようにしてくれます。

手術は1時間程度で終わり、当日に帰宅できますし、なんとシャワーも浴びることができるのだとか……。

注意
シャワーを浴びる場合は患部を濡れないように保護しましょう。

モントゴメリー腺を除去するときの相場は?

お金

モントゴメリー腺の除去は美容整形外科での施術なので、基本全額自己負担です。
美容外科によってカウンセリング料金、麻酔料金、手術料金は異なりますし、モントゴメリー腺の大きさ、個数によっても手術料金は変わってきますが、相場をご紹介したいと思います。

一般的な相場としては、

  • 初診料・カウンセリング料 5,000円
  • 再診料 3,000円
  • 除去1箇所 20,000円

と言われています。

モントゴメリー腺が“かゆい” そんなときは?

胸のかゆみ

最初にお伝えしたモントゴメリー腺を潰したくなる理由として、目立つということもありますが、それ以外にかゆみが理由となっていることもあります。

かゆみの原因は乾燥が原因の可能性が高いので保湿クリームを塗るようにしましょう。
おっぱいwikiでも、敏感肌の人でも使えるバストケアクリームを多く紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

モントゴメリー腺とは?(まとめ)

モントゴメリー腺が誰もがある、乳首や乳輪などを乾燥から防いでくれる皮脂腺でしたね。

モントゴメリー腺=悪いというイメージがあった人もいるでしょうが、そうではなく、目立ってしまうと気になる存在ということにあります。

目立たせないようにするためには、ホルモンバランスの乱れを防ぐことです。
妊娠初期は仕方がないにしても、それ以外では、できるケアがあると思います。

食生活の改善や、便秘解消をすること、日常からできるケアはたくさんありますよ。

どうしても、今すぐ除去したいというのであれば、美容整形も試してみてください。
とりあえず話しを聞きにいくだけもアリかもしれませんよ。

ただ美容整形の場合は、健康保険が使えないため、それなりに料金がかかることを覚えておいてくださいね。

おっぱいwikiは女性のバストケア情報を総合的に配信しているメディアです
定期的に更新しているのでぜひこまめにチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です